不動産の売却時にするべきこと

建蔽率などいろんな条件がある

しかし、高値をつけてくれたといっても、その値段で売れなければ売値を下げていくしかないので、結局のところ安値で売却ということになってしまいます。
そこで重要になってくるのが販売実績と思い、土地に詳しい知人に業界のことについて聞いてみました。
すると、安値すぎても損をするし、高値すぎても売れず、結局のところ安値になってしまうので、その中間の金額を査定額として提示してきた会社にするべきとアドバイスを受けました。
そして、中間の査定金額を提示してくれた会社に連絡し、手数料や税などを引いた手取りの金額を教えてもらいました。
そして、その金額が自分の納得できる金額であったので、その会社に土地の売却をお願いすることにしました。
まずは建築物の解体作業に入りました。
知人に頼みましたので、安くで解体することができました。
それからしばらくして、依頼した不動産会社から連絡があり、土地を見たいという人が現れたとのことでした。
是非見てもらってほしいと返事をし、その人に土地を見てもらったところ、角地による建蔽率の緩和が受けられるということから、100坪のままで購入したいとのことでした。
役所調査を先にしておいて良かったです。
こちらの希望どおりの金額で購入してくれるとのことで、無事に土地を売却することが出来ました。
不動産の売却にあたっては、事前に自分である程度調査をして情報を入手しておくことが重要だと痛感いたしました。

土地だけ持ってても損するだけ / 建物がないほうが売れる場合がある / 建蔽率などいろんな条件がある / 不動産売却を地元の業者に依頼しました